フェリーターミナルFerry terminal

位置図

位置

苫小牧西港フェリーターミナル(太平洋航路)

苫小牧フェリーターミナル


西港区にあるフェリーターミナルからは、八戸、仙台、大洗及び名古屋港を結ぶ太平洋航路のフェリー(11隻)が発着し、年間50万台の車と60万人の人々が行きかっています。
フェリーの離着岸の様子は、フェリーターミナル3階の送迎デッキや2階のレストランから見ることができます。
また、ターミナルビル3階には、「ポートミュージアム」があり、ここではみなとの歴史を説明したパネルや写真がたくさんあるほか、苫小牧港のジオラマやフェリーの大きな模型も展示されているので、港湾や船に興味のある方はぜひ見に来てください。そのほかに、苫小牧港を紹介するビデオを上映しています。
なお、平成23年に人々の賑わいや交流をつくりだすみなとの施設として国から「みなとオアシス」の認定を受けました。


【参考URL】

 

 

苫小牧東港周文フェリーターミナル(日本海航路)

苫小牧フェリーターミナル

日本海航路のフェリーターミナルは厚真町にあります。
国道235号からフェリーターミナルに向かうと周りは一面平坦な原野で、見えるのは苫東厚真火力発電所の建物と煙突だけですが、ここで国内最大級のフェリー「しらかば」、「あざれあ」(総トン数:20,558トン、全長:195.4m)を目にすることができます。
フェリーは、敦賀に直行する便と秋田・新潟を経由する便の2つあります。
出港時間は夜ですので、フェリーの白い船体がライトに照らされてとてもきれいです。
国内最大級のフェリーを見に来てください。




【参考URL】