苫小牧国際コンテナターミナルTomakomai international container terminal

概要

国際コンテナターミナル世界的に貨物輸送手段の主流となっている海上コンテナ、道内で唯一北米コンテナ航路が就航している東港区の苫小牧国際コンテナターミナルは、冷凍魚などの水産品、生活物資や工業品など、年間およそ20万TEUのコンテナが出入りしています。
延長240m水深12mの耐震強化岸壁が平成23年に完成し、さらに、パナマックス(13列)対応のガントリークレーン2基に加えて、オーバーパナマックス(16列)対応のガントリークレーン1基が平成24年に加わるなど、充実した施設の整備により、待船やヤードの狭隘化などの問題が大幅に解消されました。
今後は、東港区の広大な用地を活用し、発展著しい東アジア経済圏とのコンテナ航路ネットワークの充実を図ることなどにより、国際総合物流ターミナルゾーンの形成を図り、北海道の物流及び産業の拠点となるよう目指しています。

ターミナル施設概要

コンテナターミナル

名称

延長(m)

 水深(-m)

 中央ふ頭2号岸壁(耐震強化)

240.0

12.0

 中央ふ頭3号岸壁
330.0
14.0

 

名称

面積(㎡)

 中央ふ頭荷さばき地

226,129.00

 

施設

施設概要

 年間取扱可能量
 蔵置個数
 冷凍コンセント(予備含む)
 ガントリークレーン
 
249,000TEU
15,956TEU
  458口
16列対応1基
13列対応2基

 

 

外貿コンテナ定期航路

外貿コンテナターミナル

航 路

運航便数

 運航者

 北 米

1便/隔週

 WESTWOOD SHIPPING LINES

 韓 国

1便/週
1便/週
 NYK Container Line
 長錦商船  
 中国・韓国
1便/週
2便/週
2便/週
 長錦商船・天敬海運
 南星海運
 高麗海運・興亜海運 
 ロシア極東
2015.11休止
 
 国際フィーダー
1便/週
 横浜コンテナライン
2便/週
 鈴与海運
1便/週
 井本商運・ナラサキスタックス



公衆無線LAN(フリーアクセスポイント)

苫小牧国際コンテナターミナル内には海外からの作業員を対象に屋外公衆無線LANが設置されています。

本サービスは利用規約をご確認の上、ご利用されるようお願い致します。

 

riyoukiyaku.pdf(112KBytes)

 

 

 

ターミナル運営会社

苫小牧港外貿コンテナ事業協同組合

  〒059-1371苫小牧市弁天534番2
  TEL:0144-26-8700
  HP:http://www.tict.jp/