保安対策 The measure against security

テロの脅威を未然に防ぐために

00

国際的なテロ事件の発生にともない、国際航海船舶と国際港湾施設の保安対策を強化するため、SOLAS条約(海上における人命の安全のための条約)の一部が改正されました。 これを受け、我が国では「国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律」※1が制定されました。 この法律では、外国の船舶、乗員、積み込む貨物及び港湾施設に対するテロの脅威を未然に防ぐため、重要国際埠頭施設(国際航海船舶が一定数以上利用する岸壁や荷さばき地など)について、平成16年7月1日から所定の保安対策を義務付けています。

※1 国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律の施行及び国際海上運送保安指標の設定について (国土交通省)

   http://www.mlit.go.jp/kikikanri/seisakutokatsu_terro_fr_000004.html



制限区域の設定

苫小牧港では、これまでも港湾施設への関係者以外の立ち入りは禁止されているところですが、この法律に基づき、次の埠頭について、制限区域を設け、フェンスやゲートなどを設置し、国の設定する保安指標※2に応じ、出入管理や施設内外の監視、積み込む貨物の監視など、保安に必要な措置を講じ港湾関係者以外の人・車両等の出入制限を強化しています。 また、これらの埠頭の前面の水域(幅50m)も制限区域としておりますので、外航船が係留している場合は、給油など着岸船舶へサービスを提供する等、正当な理由がある船舶以外は立ち入らないでください。 なお、不審者や不審物を見かけたときは、当管理組合までお知らせください。 港の安全確保にご理解ご協力をお願いします。

※2 国際海上運送保安指標の設定について(国土交通省)

   http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/solas/index.html



保安措置を講じているふ頭(重要国際埠頭施設)

西

【公共ふ頭 】

 南ふ頭、入船ふ頭、晴海ふ頭、中央北ふ頭、勇払ふ頭、中央南ふ頭、北ふ頭

【専用ふ頭(民間ふ頭)】

 日軽バース、苫小牧埠頭岸壁・桟橋、日の出電気化学埠頭、出光桟橋・シーバース



【公共ふ頭 】
 中央ふ頭

【専用ふ頭(民間ふ頭)】

 苫東ふ頭、北電バース

 


【参考URL】

 


【本件連絡先】