苫小牧港の自然状況 Natural situation

位置

位置苫小牧港は、北海道の南西部(石狩〜苫小牧低地帯の南)にあり、太平洋に面し、道都札幌市の南南東約60kmに位置している。また、北海道の空の玄関口である新千歳空港の南約20kmの位置にある。

 

気象

苫小牧の気候は、本道の中では比較的温暖で、平均気温は7.6℃、夏は30℃以上、冬は−15℃以下になることはまれで、年間降水量も1,200mmと少ない。


また、風向きは年間を通じ、主として南風であり、秋季から春季にかけては北風、夏季は南から南東の風が多い。

地勢

苫小牧港の陸上部周辺は、樽前火山礫に被覆された瘠薄地と低地帯からなる広大な勇払原野で、海岸部は、南西65kmを隔て地球岬に至る胆振海岸と南東160kmを隔て襟裳岬に至る日高海岸を両翼に、典型的な弓形状を形成している。

 

平均気温

降水量

2002年〜2012年

2002年〜2012年