苫小牧港と横浜港の協力体制構築のため連携協定を締結しました

苫小牧港と横浜港の協力体制構築のため連携協定を締結しました

 苫小牧港では、韓国、中国、北米との国際コンテナ航路やフェリー、RORO船、コンテナ船

の国内定期航路が就航しており、物流を支える港づくりに取り組んでいます。

 一方、横浜港では、戦略港湾としての基幹航路の維持・拡大を目指し、国際フィーダー航路の

拡充など、積極的な施策を展開しています。

 このたび、これまでの両港の取り組みを活かしながら、相互協力体制を構築するため、協定を

締結しました。

 なお、今年度、横浜港と地方港湾との協定締結は、岩手県内港湾(平成30年2月)に続き2件目

となります。

 

 協定の詳細につきましては、添付書類をご覧ください。

 

【別紙1】苫小牧港と横浜港協定書記者発表資料.pdf(149KBytes)

【別紙2】苫小牧港と横浜港の連携に関する協定書.pdf(77.7KBytes)